息子ブログ

大阪府大阪市生野区巽西2-12-23

メンテナンス

フォークリフトの特定自主検査について

特定自主検査とは

車両系建設機械、車両系荷役運搬機械及び高所作業車については、労働安全衛生法により、事業者1年ごとに1回(ただし不整地運搬車は2年以内ごとに1回)、 定期に、有資格者による自主検査を実施しなければなりません。この定期自主検査(年次検査)のことを特定自主検査【特自検】といいます。 人間でいうなら年に一度の【人間ドック】や【健康診断】と同じです。

特定自主検査はお済みですか?

労働災害防止を図るため、安全・安心な作業環境が求められています。
そのためフォークリフト、車両系建設機械等は、一定期間ごとに機能をチェックし、異常の早期発見と補修を行うことが重要です。

貴社のフォークリフト、車両系建設機械等の特定自主検査はお済みですか?

特定自主検査を必ず実施して下さい

次の機械は労働安全衛生法(第45条)により毎年1回、特定自主検査が義務付けられております。

  • 特定自主検査が義務付けられている機械
    • フォークリフト
    • 車両系建設機械(コンクリート打設用を含む)
    • 高所作業車
    • 不整地運搬車(2年に1回)

※特定自主検査を実施せずに機械を使用していると法令により処罰されることがあります。

メンテナンスについて

当社のサービスカーで、フォークリフトの出張修理、点検、検査を実施しております。
フォークリフトの調子が良くない方、修理、点検、検査のコストでお困りの方など、ご相談ください。

※出張サービスのご利用について、当社から近隣の方が対象となりますので、よろしくお願いいたします。

PAGE TOP

  • 会社概要
  • メールでのお問い合わせ